何を学ぶの?

 応用生命科学科では、「生命現象に学ぶ生物機能」を教育の基本理念とし、安心・安全な生物資源を発掘、開発しようとしています。本学科の学生は、有機化学、生化学、分子生物学、細胞学、遺伝学についての基礎を学ぶとともに、微生物から高等動植物にいたるあらゆる生物種の多様な生命現象について学修し、さらにはそれらを基盤とした新しいバイオテクノロジーについての幅広い知識と技術を修得します。私たちは、このような教育を通じて、今後ますます発展することが期待される機能性食品や医薬品開発などの領域で新たな展開を担うべき創造性豊かな人材の育成を目指しています。


カリキュラム体制
本学科では、次のような4年間一貫教育のカリキュラム体系をとっています。さらに応用生命科学に関する、より高度な学術を修得するために大学院農学研究科応用生命科学専攻及び、大学院総合工学系研究科が設置されています。
1年次:

新入生ゼミナール、応用動植物学、基礎生命科学など

2年次:

生物分析化学、有機分析化学、動物生殖制御学、遺伝学、遺伝子工学、分子生物学、代謝生化学、酵素化学、食品生化学、食品衛生学など

3年次:

天然物化学、動物発生工学、分子細胞生物学、きのこ生体科学、植物遺伝育種学、応用微生物学、栄養化学、分子食品科学、食品安全学、専攻研究Iなど

4年次:

専攻研究II、IIIなど




就職(学部卒)


卒業生のおよそ7割は大学院進学!
H17,18年度
(公務員):教員(愛知県),教員(長野県) ,中部管区警察局,法務省入国警備官
(民 間): 山崎製パン(株), (株)協同乳業, (株)あじかん,内堀醸造(株) ,カネハツ食品(株) , (株)医療システム研究所,(株)丸越,東京応化工業(株) ,マルホ(株) , (株)虎屋,(株)おびなた, (株)ルネサス東日本セミコンダクタ, (株)オーイズミフーズ, 二プロジエネファ(株) , (株)ジュノエスクベーグル,ゲンキー(株)など
大学院農学研究科応用生命科学専攻
(修士課程,2年間)

または他大学の大学院




就職(大学院修士卒)



進学
H17,18年度
教員(愛知県),徳島県職,雪印乳業(株),天野エンザイム(株),(株)ブルボン,コーミ(株),ヤマダイ食品(株),ユタカフーズ(株),ゴールドパック(株) ,(株)日本生物科学センター,バイオ科学(株) ,日本甜菜製糖(株),大洋薬品工業(株),塩野香料(株),アピ(株) ,シマダヤ(株) ,江東微生物研究所,内堀醸造(株),日本ミルクコミュニティ,(財) 日本分析センター, (株)ニデック,丸善食品(株),(株)フレンテなど
大学院総合工学系研究科後期博士課程(3年間)