応用生命科学科では,生体成分に関する有機化学,生物の代謝や酵素の構造と機能に関する生化学,DNAと遺伝情報を扱う分子生物学などの基礎分野,および食品工学,微生物工学,遺伝子工学,植物細胞工学,動物発生工学,新しい植物育種などの応用分野の教育と研究を行っています。現代生命科学の知識を積極的に取り入れ,細菌,きのこ,栽培植物,野生植物,野生動物,家畜などを幅広く研究対象とし,新しい生物資源利用技術や環境技術の開発と独創性を持った人材の養成を目指しています。
生物制御化学講座では,
生理活性など有用な性質をもつ天然および合成化合物,生物に特別な影響を及ぼす化合物などを対象とする高度な分析機器を用いた基礎研究,および食品の安全性の問題も視野に入れた新しい技術の開発を目指す応用分野の研究・教育を行なっています。

生物機能化学講座では,
代謝や酵素反応の生化学的メカニズム,遺伝子の構造(塩基配列など),機能,発現制御のメカニズムなどの解明,および植物の遺伝子組換えを含む新しい関連技術の開発を日指す応用分野の教育・研究を行っています。

生物資源開発学講座では,
栽培植物,有用動物,有用きのこ類などを対象に,遺伝育種学,発生学,分類学,系統学などの分野の基礎研究,および有用な植物やきのこ類の栽培と育種,有用動物の繁殖と発生の制御などの新しい技術の開発を目指す応用分野の教育・研究を行っています。

生物資源化学講座では,
糖質・タンパク質などの生体高分子化合物を中心にそれらの構造を明らかにする研究,特殊な環境下での化学反応の性質を明らかにする研究,微生物の生理生態的特性を明らかにする研究を行い,さらに有用な技術の開発に発展させることを目指して教育・研究を行っています。