応用生命科学専攻

応用生命科学専攻では,動物,植物,微生物を対象としてそれらの示す生命現象の分子レベルでの解明から,生物機能の利用・生物資源の開発までにわたる広い範囲の諸間題に対して,主として有機化学・生化学・分子生物学・育種学・遺伝学などの手法を用いて研究を展開している。四大講座から成り立っており,学生はそれぞれの講座内の研究室あるいは研究グループに所属して,実験及びセミナー等を通じて研究遂行の能力を涵養している。本専攻としては広い観点から生物を理解し,諸課題の解決に十分対処しうる能力を持った人材を養成することを目的としている。

生物制御化学講座では,
生物に対して種々の生理作用を示す生理活性物質の探索や合成及びその作用の解析,並びに食品を汚染する天然物の分析などの安全性を視野に入れた基礎研究と応用分野の開発研究を通じて研究・教育を行っている。

生物機能化学講座では,
生物の持つさまざまな機能を細胞と分子のレベルで解明し,その機能を効率的に人間生活へ応用することを目的としている。細菌,菌類,植物を対象として,それらのタンパク質,酵素,核酸の構造及び機能を生化学,分子生物学に基づいて研究している。

生物資源開発学講座では,
生物の多様性を解明し,いろいろな特性を持っ生物資源を活用する技術,保全する技術を開発するための研究・教育を行っている。種々の植物,哺乳動物,きのこなど菌類を対象として,発生工学やクローン技術を取り入れつつ,基礎的な遺伝学,育種学,生理学,生態学,生化学などに基づいた技術開発を行っている。

生物資源化学講座では,
酵素活性部位の機能解析と酵素合成の研究,超分子及び生体関連物質の光化学に関する研究,糖質の酵素合成と機能に関する研究,菌根共生の生理・生態学に関する研究を中心として,生体系における化学反応の解明と制御またその技術応用を目指して教育・研究が行われている。


 応用生命科学専攻の理念・目標アドミッションポリシー