氏  名 出身地
教授 唐澤 豊 長野
助教授  神 勝紀 福岡
博士課程1年 エコ ウィドド インドネシア
修士課程2年 谷東 修 香川
           1年 高崎健一 兵庫
学部4年 大島裕治 東京
澤田美樹子 愛知
柴 岳郎 長野
横山千瑞子 岡山
学部3年 田中元気 大阪
三木祥子 広島
1. 動物における栄養素の代謝制御
2. 動物の飼養管理技術の改良および新飼料資源の開発

1. 鳥類の盲腸を介する栄養素回収機構の意義
2. 鳥類のエネルギー代謝に及ぼす栄養素と環境温度の影響
3. 飼料中の核酸はなぜニワトリの飼料摂取量を抑制するのか
4. ダチョウの飼養管理技術の確立
5. 新飼料資源の開発

研究成果等(1997年以降の主要なもの)

編集

 1. 唐澤 豊(1997)産業としてのダチョウの飼い方ふやし方. 富民協会
 2. 唐澤 豊(1999)21世紀の食・環境・健康を考える. 共立出版
 3. 唐澤 豊(2001)動物の栄養. 文永堂出版.

分担執筆
 1. 神 勝紀(1999)メタン産生の低減. 唐澤 豊編「21世紀の食・環境・健康を考える」pp.210-218. 共立出版.
 2. 唐澤 豊 (2000) ニワトリの栄養生理学およびダチョウの項執筆,「家禽学」pp.71-81 pp.170-180. 朝倉書店.
 3. 神 勝紀(2001)消化と吸収「動物の栄養(唐澤 豊編)」pp.55-71. 文永堂.
 4. 神 勝紀(2001)エネルギー, 石橋 晃監修「動物栄養試験法」pp.561-565.養賢堂.
 5. 唐澤 豊 (2001) 特殊動物の項他編著, 石橋 晃監修「動物栄養試験法」養賢堂.
 6. 唐澤 豊 (2001) 特用家畜の管理衛生(2)ダチョウの項執筆,鎌田信一ら編「家畜の衛生」pp.292−297, 文永堂出版.

学術論文
 1. Karasawa, Y., Son, J. H. and Koh, K. (1997) Ligation of caeca improves nitrogen utilisation and decreases urinary
   uric acid excretion in chickens fed on a low protein diet plus urea. British Poultry Science, 38: 441-443.
 2. Kubota, T. and Karasawa, Y. (1997) Effects of dietary RNA and adenine on feed intake and kidney weight and
    function in adult cockerels. Asian Australasian Journal of Animal Sciences, 10: 260-264.
 3. Son, J.H., Karasawa, Y. and Nahm, K.H. (1997) Effects of cecectomy on nitrogen utilization and nitrogen excretion
    in chickens fed a low protein diet supplied with urea. Asian Australasian Journal of Animal Sciences, 10: 274-276.
 4. 神 勝紀・河合弘恵・桜井健一・平子慶之・唐澤 豊 (1997) 床皮飼料を強制給餌したニワトリヒナの成長と窒素利用性.日
   本畜産学会報68: 1085-1088.
 5. 神 勝紀・桜井健一・平子慶之・唐澤 豊 (1998) 床皮飼料を摂取したニワトリの消化率と窒素利用率.日本畜産学会報
   69:62-64.
 6. 曹 兵海・唐澤 豊・神 勝紀 (1998) 15%タンパク質飼料を等栄養素量給与したニワトリヒナの成長および窒素利用性に
       及ぼす飼料中セルロース含量の影響. 日本畜産学会報 69: 65-68.
 7. 曹 兵海・唐澤 豊・神 勝紀 (1998) 要求量の65%CPと80%MEを給与したニワトリヒナの成長および窒素利用性に及ぼす
      飼料中セルロース含量の影響. 日本家禽学会誌 35: 138-141.
 8. Karasawa, Y. (1998) Adverse effects observed when single cell proteins are fed to chickens. Proceedings of 6th
    Asian Pacific Poultry Congress, 94-99, 1998.
 9. Koh, K. and MacLeod, M.G. (1998) Effects of food intake and ambient temperature on circadian variation in the
   heat production of growing broilers. Proceedings of 6th Asian Pacific Poultry Congress, 372-373.
10. Karasawa, Y. and Cao, B. (1998) Effects of dietary cellulose levels on growth and nitrogen utilization in chickens
   fed various levels of protein. Proceedings of 10th EPC, 92.
11. Koh, K and MacLeod, M.G. (1999) Circadian variation in the heat production and respiratory quotient in growing
   broilers maintained at different food intakes and ambient temperatures. British Poultry Science, 40: 353-356.
12. Koh, K and MacLeod, M.G. (1999) Effects of ambient temperature on heat production and energy retention in growing
   broilers maintained at different food intakes. British Poultry Science, 40: 511-516.
13. Karasawa, Y. (1999) Significant role of nitrogen recycling system through ceca in protein-depleted chickens.
   Journal of Experimental Zoology, 283:418-425.
14. Koh, K., Karasawa, Y. and Sekigawa, K. (2000) Effects of feeding on body temperature, shivering threshold and
   heart rate in growing broilers acutely exposed to the cold. Japanese Poultry Science, 37: 12-18.
15. 桜井健一・唐沢 豊・神 勝紀(2000)床皮飼料へのアミノ酸添加はニワトリヒナの飼料摂取量と窒素利用性を改善する.
   日本家禽学会誌 37: 221-227.
16. Koh, K and MacLeod, M.G. (2000) Effects of food intake and temperature on the pattern of heat production in
   growing broilers fed by crop intubation. Proceedings of 21st World Poultry Congress (Montreal, Canada), CD-ROM.
17. 桜井健一・唐沢 豊・神 勝紀(2001)床皮タンパク質と卵白タンパク質のin vitro消化の比較. 日本家禽学会誌 37: 234-244.
18. 桜井健一・唐沢 豊・神 勝紀(2001)床皮タンパク質あるいは卵白タンパク質のin vitro消化時に遊離するアミノ酸の組成.
   日本家禽学会誌 38: J14-J22.
19. 神 勝紀・熊王俊男・唐澤 豊 (2001) ニワトリ呼気中13CO2測定用開放型呼吸試験装置. 日本家禽学会誌 38: J86−J92.
20. Son, J.H. and Karasawa, Y. (2001) Effect of caecal ligation and colostomy on water intake and excretion in
   chickens. British Poultry Science, 32(1): 130-133.

1. 日本の大学で最初にダチョウを導入しました。また、現在日本ダチョウ・走鳥類研究会の事務局が設置されています。
2. 安定同位体(
15Nと13C)の測定装置があります。この装置は栄養素の代謝研究に威力を発揮しています。
各テーマをクリックするとテーマの内容紹介に Jump します。
研究テーマ
その他
業績
構成メンバー
分野の紹介
動物栄養飼料学研究室の紹介