Welcome to our laboratory              中文 한국어  English 

TEL. 0265-77-1642

〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304


学外者のみカウント
from Jan.21,2006

森林調査、林分構造解析、リモートセンシング、GIS、GPS

                                                            
  信州の豊かな自然、森林にふれあいながら、将来性豊かな学生たちを育てながら試験研究を行います
  蟻の目と鳥の目の技術をもとに、森を立体的に見える化し、専門的な立場で調査・診断・分析します
  
  • オリジナル技術
    精密林業 人工衛星、航空機、ドローンなどの空からの計測技術で、広域の森林内にある樹木の立木位置、精密な樹冠情報を1本ごとに自動抽出し、小班や林班、市町村界で集計して、森林の樹種別本数、材積とバイオマスを提供します。従来の標準地(プロット)調査や熟練者による目測ではなく、客観的な高精度の全数調査で森林の資源内容を把握できるので、現地調査を省力化します(特許査定2件、特許出願1件)。
    ②森林被害のモニタリング 高緯度・高標高域にある長野県や東北で被害が深刻化している松くい虫被害について、松本市と連携して被害区分算定方法及び被害区分算定装置を開発しました(特許出願1件)。
  • 現場へのフィードバック
    研究成果をフィードバックすることで感謝され、現場に技術が浸透します。森林・林業の現場である森林管理署、県、市町村、森林組合と航空測量会社のみなさんと産官学の技術連携による技術開発と生産現場ヘの応用、現場経験で鍛えられた学生が当該分野で就職し、活躍できる人材を育成します。
  • グローバルに最先端のレーザ計測を技術開発
    日本、世界の森林管理に貢献できるように海外の研究者らと最先端の森林レーザ計測技術の共同開発を行っています。レーザ計測は森林・林業分野に極めて有効な技術であり、多様な分野で利用できます。一方、技術習得の学習は森林科学の範疇を超えており難儀です。
    研究室の学生はレーザ計測の原理、解析手法、ソフトウエア習得とプログラム開発、成果物、実証研究というハードル(学習の壁)を一歩一歩、超えていく必要があります。
    大学教員にとっても、異分野の専門学習、大型研究予算の確保などハードルが高い分野ですが、
    学習の壁を超えると奥が深くとても面白く、夢中になって研究できます。感謝しています。
     共同研究機関:最先端レーザ研究所(CoE-LaSR)フィンランド地理空間研究所(FGI)ヘルシンキ大学(HU)、 欧州空間情報研究機構(EUROSDR)、SolidPotato Oy等。

Web NEWS
 2017年4月28日 表紙更新
  ※ 農学部研究室サーバー
の変更により、研究室ホームぺージURLは下記に移動します。
    http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/agriculture/lab/finfo/  

TOPICS  

  • 4月 授業開始と新たな目標と出会い
     前期授業は4月7日から始まりました。研究室の技術レベルは研究自立した修士生と学部生で開きました。
     学部生のレベルアップと次の世代の人材育成を行います。今年度の研究室希望3年生は3名定員です。
     卒業研究の課題に関して、自治体と林業事業体から多数の技術開発ニーズが研究室に寄せられています。
     バラエティに富む学生の資質を生かして現場関係者と研究計画を進めていきます(4/22)。

    29年度研究計画について技術連携機関との報告と協議
    ・4 月13 日(木)長野県林務部来学
    ・4 月24 日(月)伊那市長レク
    ・4 月26 日(水)中信森林管理署レク
    ・4 月27 日(木)松本市農林部レク
    ドローンレーザや松くい虫被害区分、先進技術の現状と研究トピックを紹介した上で、
    現場機関の抱える課題とニーズに関して担当者と協議を進め、29年度研究計画と技術支援策を提案します。

    森林科学演習(専攻演習)での現場視察 

     森林・林業の現状と課題について学ぶ機会として、研究室希望の学部生を引率し現場担当者から直接話しを伺うことで、現場ニーズの把握と卒業研究のシーズ探索、将来、自治体や林業事業体への就職など地域貢献できる学生を育成します。
     29年度は松本市(5/11)、伊那市(5/18)、国際ウッドフェア(長野ビッグハット5/24)、中信森林管理署(6/15)、北信州森林組合(6/29)、長野県林業総合センター7/6)、山梨県森林総合研究所(7/13)を視察予定です。 対応していただく関係機関に対し、学生共々お礼申し上げます。


    国際ウッドフェアで公開セミナー、次世代森林レーザー普及促進会議
    4月25日13:00-14:30
     
    「レーザーセンシングにるスマート精密林業技術の開発」
      農水省・革新的技術開発事業のコンソーシアムの参画機関
      信州大学、アジア航測㈱、北信州森林組合、コマツ
    同会場にて 14:45-17:00
     「次世代森林レーザー普及促進会議」
      林野庁、アジア航測、レーザ計測導入ユーザー
      ・先進導入事例紹介
        ①山形県金山森林組合、②長野県北信州森林組合、③岡山県西粟倉村
      ・パネルディスカッション 
        「次世代森林レーザーに期待すること」
      ・意見交換会(長野駅前:メルパルク長野

    国際ウッドフェアに出展
     (4/6)
    長野県ビッグハットで行われる国際ウッドフェア 2017年5月24日(水)~ 26日(金)に出展
    森林計測・計画学研究室が掲載 
    http://www.woodfair.jp/ 
    [来場のご案内]-[出展者情報]

    科研費(基盤B)次世代レーザセンシング技​術開発の採択 (4/5)
    次世代レーザセンシングによる高精度な広葉樹天然林の樹種別資源量の算定方法の開発(H2931
    294,810(計13,348)千円 加藤正人単独
    を採択しました。
    ドローン等の次世代レーザ計測技術を用いて、日本の森林の54%を占める広葉樹天然林に関して、リモートセンシング研究者の究極の目標である“広葉樹天然林の樹種別資源量の算定方法の開発”に取組みます。

    4月行事:イノベーション役員会(4/3)、ベンチャー本社視察(4/4)、オープンラボ(4/5)、JAXA先進光学衛星プロ・学長レク(4/6:本部)、八十二グロースフアンド(4/7:本部)、イノベーション役員会(4/10)、研究打合わせ、長野県庁他(4/13)、会議、革新的技術開発研究打合わせ(4/14)、イノベーション役員会、教授会(4/17)、国際ドローン展(4/21:東京)、イノベーション役員会、伊那市レク:平成29年度技術連携(4/24)、産学連携会議:大学本部URA、中信森林管理署:平成29年度技術連携(4/26)、松本市レク:平成29年度技術連携(4/27) 産学連携と地域貢献の技術開発、林業イノベーションを目指します。 

    授業 毎週火曜:森林情報論(2限)、森林計測・GIS演習(3~5限)
       毎週木曜:研究室ゼミ(2限)、森林科学演習Ⅰ(3~4限)
  • 3月 国際共同研究、公開特別講義 卒業式、日本森林学会
    報告会やH28年度の各種報告書作成をしながら、国内外の研究者らと29年度計画を作成中です。
    指導学生と日本の林業に夢を与えるイノベ―ションを目指して、前向き思考と冒険的スプリットで進みます。

    日本森林学会 →国際学会ISPRS Jyväskylä, Finland
    日本森林学会(鹿児島大学3/26-29)の経営部門で5名が口頭発表しました。フィンランド客員教授と一緒に世界最先端の森林レーザ技術を学習して、鍛えられてきた研究成果の紹介でもあります。それぞれ研究発表の経験が多いので、緊張しながらも自信をもって発表していました。
     ・経営1 C6:竹中悠輝、WorldView衛星を用いた松本市の松枯れ被害把握
     ・経営2 C11:市川栞、南箕輪村有林における間伐前後の航空レーザとUAVを用いた経年変化抽出
     ・経営2 C14:トウソウキュウ、Species classification of natural broad-leaved forests
              in Afan Woodland using airborne laser data
     ・経営3 C19:張桂安、航空レーザー計測と地上レーザーとUAVを組み合わせた計測との比較
     ・経営5 C22:加藤正人、レーザーセンシング情報を使用した持続的なスマート精密林業の開発
     研究室OBの大地君(山梨県森林総研)、近藤大将君(アジア航測)、コンソーシアムを組むアジア航測の方々も発表しました。経営部門ではレーザ計測の研究発表がホットで多く占めています。ようやく、日本の森林系大学でも取り組み、研究指導できる体制ができつつあります。他大学や研究機関、企業のレーザ計測の取組み状況を学習する機会となりました。

     革新的技術開発事業で採択したテーマ(C22)は国内外でレーザ計測の先頭を走っており、10月27-30日に開催される国際学会ISPRS Jyväskylä, Finland から講演依頼を受けています。研究室学生たちも同行し、国際学会デビューです。発表時の緊張レベルが別次元であること、質疑応答で頭が真っ白になる体験をするでしょう。グローバルに活躍できる人材を育成します。
    夕食は加藤研のメンバーで毎晩、鹿児島名物の黒豚トンカツ、焼鳥、ラーメン、海産物を堪能しました。

    卒業式と謝恩会
     3月23日、卒業式を迎えました。博士課程のモハメド、4年生の市川栞、井辻康大、張桂安が卒業です。
    モハメドは研究生で来日し、修士課程、博士課程で5年間、目標の博士号を取得しました。
    市川栞は朝日航洋株式会社、井辻康大は京都府林業職で、4月から社会人をスタート。
    張桂安は成績優秀者で学部長表彰に選ばれ、謝恩会で立派なスピーチをして周りから褒められていました。
    修士・博士課程に進学です。
     夕方から、いつものように研究室で謝恩会を行い、中山と竹中の調理によるお好み焼きを食べて思い出と次年度の抱負など語り合いました。ソウキュウのお酒で酔いました。楽しいひと時でした。
    それぞれの目標に向かって、皆が活躍することを期待しています。

    有意義でタフな1週間(3/12-16)国際共同研究と公開特別講義 世界ランク一位のレーザ計測研究
     国際共同研究で今年も、フィンランド最先端レーザ研究所のJuha HYYPPÄ所長とそのユニットチームの4人が来日しました。共同開発中の歩行携帯(バックパック)レーザ計測の国内林業で初めての実証研究であり、①最高精度のセンサ組合せタイプと②普及型コンパクトサイズ(8kg)2種類のバックパックレーザ計測装置で実施しました。昨年の計測で日本の高密度な針葉樹林ではGNSS受信に問題があったことから、SLAM機能のセンサ、高機能IMUを追加しています。彼らは時差ボケをものともせずに、滞在期間中、朝早くから夜遅くまで機器の調整と点検、計測したデータの確認、データエラーの場合、時間の許す限り再測を行い、帰国しました。世界の超一流研究者の姿勢と心意気に感服しました。現地でお世話になりました皆様にお礼申しあげます(3/17)

    日本の異なるタイプの森林で実践的な計測を行いました。
     3/13:北信州森林組合角間の定性間伐スギ林松本市アルプス公園の松くい虫被害林
     3/14:信州大学構内演習林6林班南箕輪村大芝の強度別間伐試験林(研究室学生 張桂安)
     3/15:友人のJuha HYYPPÄ 先生は先端技術のレーザ計測(航空、地上、ドローン、移動携帯)で世界ランク一位の研究者です。 信州大学先鋭領域融合研究群・山岳科学研究所の特別招聘教授として来日し、「特別招へい教授グローバル研究特講」として、2コマの講義を行いました。会場には2種類のバックパックレーザ計測装置の展示も行い、昨年と同様に北信州森林組合の南都君(信大卒)が背負い、活発な質疑になりました。先進技術のツールを林業の現場に使ってもらいたいという開発者の熱意は国を超えても通じると感じました。満足できる素晴らしい時間を共有することができました。講演資料は日本語、質疑も日本語(加藤通訳)
     ポスター:世界ランク一位のレーザ計測研究 特別招へい教授講演
     記念撮影:アルプス公園で測定後に皆で開発者のAnttoniのバックパックを背負い大満足

    JST 未来社会創造事業に応募
     森林整備ドローンとレーザ計測の実用技術を開発・適用することにより、森林資源量の省力、網羅的かつ精密な把握と安全な伐採・搬出作業の支援が可能となり、森林分野のインベーションが進むことで、森林資源の持続的利用とこれに伴う新たな林業関連産業の超スマート社会を創出を目指します(3/3)。
     
    3月行事:研究室ゼミ(3/1)、JST未来社会創造事業(3/2)、八十二グロースファンド(3/3)、革新的技術開発28年度成績検討会(アジア航測本社)(3/8)、産学官連携市町村報告書(3/10)、後期試験(面接)(3/12)、Juha HYYPPÄ所長と研究ユニットチーム(3/12-16)、革新的技術開発28年度成果報告書提出(3/17)、イノベーション・ゼミ(3/18)、産学官連携市町村報告書、伊那市創業支援センター(3/21)、卒業式(3/23)、学会発表ゼミ(3/24)、日本森林学会(鹿児島大学)(3/26-29)
  • 2月 卒業論文と学生指導、社会貢献(産官学連携)
    年次報告
     年度末になり報告会や報告書作成の時期となりました。28年度を振り返り、結果をまとめ、29年度に向けた実施計画を熟考しながら記載しています。多くの方にお世話になりました。お礼申し上げます(2/23)。

    現場ニース解決のための予算要求

     長野県では森林調査や間伐・収穫木の確認と検査に多大な労力を要しており、現場の解決すべき課題です。そこで、北信州森林組合、精密林業計測、長野県林務部と連携して農食研事業の実用技術開発ステージに応募しました。「ドローンを活用した森林調査の省力化と収穫木の確認」。研究成果を活かして、長野県地方事務所林務課及び林業事業体で実証研究と新サービズを目指します。関係者のみなさまのご支援をお願いします(2/13)。

    研究トピック
    信大Now103号(1月31日発行)に記事が紹介されました。
    林業の未来を変えるスマート精密林業開発「長野モデル」とは

    卒業研究発表会

     3名が発表しました。中部森林学会などで外部発表、海外招へい教授の特別ゼミで鍛えられ、発表内容に自信を持っていました。張桂安いわく"内容に自信が有り過ぎます"。笑えますが、成長したなと感じました。
     頭が柔らかく、吸収能力の高い学生に世界レベルの学習機会や外部発表、自治体や森林組合と連携したニーズの高い卒業研究に取り組むことで、厳しく鍛えられ研究の伸びが全く違います。私は彼らの発表を座長席で、心配もせずに誇らしく聞いていました。3人とも良い発表と質疑でした。
     ・市川栞「南箕輪村有林の間伐試験林における間伐前後の航空レーザとUAVを用いた経年変化抽出」
     ・井辻康大「ドローン、WorldView-3衛星を用いた松本市東部地区の雨氷被害状況の把握」
     ・張桂安「地上レーザとドローンを組合わせた森林資源の把握ー北信州森林組合を事例としてー」

    謝辞:卒業研究でお世話になりました長野県、中信森林管理署、松本市、南箕輪村、北信州森林組合、アジア航測の皆様にお礼申し上げます。研究指導の一区切りです(2/10)。

    社会に有為な人材輩出
     今年の4年生(市川栞、井辻康大、張桂安)は本人の努力にもよりますが、レーザ計測の学習に関して良く頑張りました。3年次から海外特別招へい教授から世界最先端のレーザ講義とゼミを受け、鍛えられ、恵まれた機器とソフトウエアの環境の中で卒業研究ができたのではないかと思います。それぞれの就職先と進路で活躍できる素地が出来あがりました。活躍を楽しみにしています(2/1)。

    2月行事
    :卒論発表練習(2/1)、産学連携(伊那市)ドローン打合せ(2/2)、Mohammad最終博士論文発表会・ドローンレーザ研究打合せ(2/3)、農学部教授会他(2/6)、産学連携(佐久穂町)ドローン打合せ(2/7)、研究室ゼミ・卒論発表直前練習(2/8)、修士論文発表会(2/9)、卒業論文発表会(2/10)、 予算要求(2/13)、業績評価ヒアリング(本部:2/14)、レーザ計測ゼミ:ドローン解析(2/16,20), 伊那市ドローン作業部会(2/23)、精密林業計測(本部URA:2/24)、報告書締切(生研センター、自治体:2/28)。
  • 1月 Happy new Year  地域貢献と世界レベルを目指して
    研究成果の講演と発表
     長野県林業改良指導員AG研修会(1/25:長野県林業総合センター)、北信州森づくり講演会(1/30:飯山市なちゅら)で講演しました。中部森林技術交流発表会(1/31:中信森林管理署と共同発表(市川栞)、中部森林管理局)、関係者の皆様にお世話になりました。お礼申し上げます(1/31)。
    欧州レーザ会議(1/15-24:ドイツ国ベルリン)

     出席は2回目になります。いつものようにタフな単独一人旅。無知だった昨年よりは理解力50%up。欧州のレーザ計測の動向、ソフトウエアの開発状況を学びました。1年ぶりの再会もあり会議の雰囲気もわかってきました。海外に挑戦して学ぶことの重要性を改めて肝に銘じています。進みます。

    ワクワク感
     研究室ゼミで、今年の研究プロジェクトを紹介し、学生たちと夢のあるイノベィティブな取組みを進めていきます。国際共同研究、先端技術の勉強、新しい計測道具、プログラムの開発、知財、社会貢献etc.

    日本森林学会(鹿児島大学3/26-29)の経営部門で5名が口頭発表します。フィンランド客員教授と一緒に世界最先端の森林レーザ技術を学習してきた研究成果の一部紹介でもあります。
     ・経営1 C6:竹中悠輝、夏と秋のWorldView衛星と航空レーザを用いた松本市の松枯れ被害把握(改題)
     ・経営2 C11:市川栞、南箕輪村有林における間伐前後の航空レーザとUAVを用いた経年変化抽出
     ・経営2 C14:トウソウキュウ、Species classification of natural broad-leaved forests
              in Afan Woodland using airborne laser data
     ・経営3 C19:張桂安、航空レーザー計測と地上レーザーとUAVを組み合わせた計測との比較
     ・経営5 C22:加藤正人、レーザーセンシング情報を使用した持続的なスマート精密林業の開発
     研究室OBの大地君(山梨県森林総研)、近藤大将君(アジア航測)、LSでコンソーシアムを組む企業の方も発表します。お会いできるのでを楽しみにしております(1/12)。

    ご挨拶
     新しい年が始まりました。信州伊那の地は雪もなく過ごしやすい年末・年始でした。今年の正月は家族と楽しく過ごしながら諏訪大社でお参りしました。北海道から好物の毛ガニ、タラバガニ、北海縞エビ、イクラ等の魚介類をいただき、エネルギーを充填しました。
     業務資料、博士課程設置審査資料、依頼課題の対応を考えながら、新規予算要求、連携機関との打合せ、海外研究者との共同研究、大事な研究室学生の研究指導を着実に進めていきます。
    今年もどうぞよろしくお願いします(1/4)。

     1月行事:大学入試センター試験(1/14-15)、欧州レーザ会議(ドイツ国ベルリン)出張(1/15-22)、長野県林業改良指導員AG研修会(1/25)、八十二グロースファンド(1/27)、北信州森づくり講演会(1/30)、博士課程最終公開審査会(Mohammad)、中部森林技術交流発表会(市川栞)(1/31)
     毎週水曜日は研究室ゼミ、月曜日の午後は会議・来客打合せ
  • 12月 師走 1年間多くの方にお世話になりました
    御礼 
    千客万来 産学官の取組みが多く、年末のご挨拶ありがとうございます。年末まで皆様と一緒に働かせていただきました(12/31)。
    御礼 特別ゼミ終了 フィンランド最先端レーザ研究所 客員教授帰国
    (12/14)
    10月から3か月間滞在していただき、16回の講義をしていただいた客員教授のお二人が今週帰国します。
    最終講義とfarewell partyを12月14日に行いました。世界最先端の森林レーザ技術を学びました。
    記念写真 最終講義終了後の研究室で玄関にてfarewell party Xinlian,Yunsheng and Yande 

    御礼 革新的技術開発・緊急展開事業キックオフシンポジウム
    (12/8)
    ご多忙中、【レーザーセンシングによるスマート精密林業】
    キックオフシンポジム並びに懇親会出席いただき、ありがとうございました。
    当日は、産学官それぞれから大きな関心と期待をいただきました。
    開発してきたドローンレーザ計測の特許技術を含めた実証研究を進めていく所存です。
    1.参加登録者131 →当日出席者147名
    2.報道機関 
     ①日本経済新聞社
      http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB08HF6_Y6A201C1L31000/
      ②信濃毎日新聞 ③長野日報 ④市民タイムス 
      ⑤日刊建設工業新聞  http://www.decn.co.jp/?p=79794
     
     森林レーザ計測特別ゼミ
    森林レーザの海外客員教授2名の講義は実践的な実習になりました。学生たちは課題のレポート作成に取り組んでいます。第3週の12月14日(水)の実習で15回の特別ゼミは終了し、彼らは17日(土)にフィンランドに帰国します。レーザ研究の世界の動向、研究シーズを学びました。知的好奇心が刺激され感謝です。

     購入物品のトレーニング 研究の next step
    SfMソフトのContextCapture(12/12:みるくる)、高精度GNSSステーション(12/20:ニコントリンブル)
    レーザ解析の基盤となる各種ソフトウエアの更新(version up)

     革新的技術開発・緊急展開事業(地域戦略プロジエクト)キックオフシンポジウム
    事前申込み定員100名を超えました。当該事業の関心が高いことを実感しています(12/6)。
  • 温故知新 2016年度のホームページ     

信州大学農学部
森林計測・計画(加藤正人)研究室

〒399-4598
長野県上伊那郡南箕輪村

TEL 0265-77-1642
FAX 0265-77-1642

書籍:森林リモートセンシング
信州大学 信州知の森
ブログ 森林空間

昨日分  本日分